1. TOP
  2. 家族葬
  3. 香典を辞退したはずが、、、家族葬の香典返し。どうすれば良い?

香典を辞退したはずが、、、家族葬の香典返し。どうすれば良い?

困る女性

 

香典返しとは、読んで字のごとく、いただいたお香典に対してお返しをすることです。

香典返しは一般的に、葬儀の当日にする場合と後日あらためておこなう場合とでタイミングが分かれています。
たとえば、街中で喪服を着た人の手元に紙袋があると、「ああ、あの人は今日お葬式があったんだな。」とすぐに分かりますよね。

とくに家族葬においては、事前の案内で香典を辞退していることが多いので、参列者がその旨をしっかりと理解をしていれば、遺族側は香典を受けとることがないはずです。
それはつまり、香典返しをする必要がないということになります。

 

香典返しは焦らなくて大丈夫!

 

しかしながら、実際のところは、そうすんなりとは受け入れられずに、葬儀の当日になって
「故人には沢山世話になった!だからどうしても気持ちを受け取ってほしい!」と、こちらがお断りをしても香典を置いていく(?)参列者が多く存在します。

香典を辞退のうえで、家族葬を決めたわけですから、返礼品の用意がありません。
むしろ、当日に香典返しの用意があるほうが不思議です。
(※というか、自分はお香典を期待していたようでイヤです。)
さて、どうしましょうか??

最愛の家族が亡くなり、訃報から葬儀までは駆け足できましたが、香典返しについてはそれほど急ぐ必要がありません。
ですからここでは少し落ち着いて、四十九日の法要後、2週間以内にお届けができるように用意をしていきましょう。

 

贈り物はどんな時でもメッセージ付き


一般的には頂いたお香典の半額に値する品物を選んでおくります。半返しといわれています)

品物は、この不幸が続かないように、「消えるもの」がよいとされ、食品や消耗品(石鹸やタオルなど)がお馴染みですが、近年は相手が自由に商品を選ぶことができる、カタログギフトも主流になっています。こちらは家族葬で、もしもお香典の当日返しを考えたときにも、参列者の荷物にならずに済むので配慮としてはとてもよいですね。

また、品物を送る際には必ずお礼状を送付します。香典返しは、本来ならば直接会ってお渡しするものですので、そういった部分でのご挨拶も兼ねているのです。

葬儀に限らず、相手にモノをおくる機会があると思います。
そのときに品物だけを送り付ける、なんてことはありませんよね。

 

家族葬だから特別扱い。ということはナシ!

 

せんべい

 

家族葬で、たとえ香典を辞退した場合でも、受け取ったらお返しは必要になります。
そのときには、連絡先を聞くことも忘れずに。

香典をもらっちゃって、困ったなあ、、、。と思うよりも、その相手に感謝が伝わるようなお返しを考えてみてはいかかでしょう?

 

\ SNSでシェアしよう! /

《家族葬》みんなの「ありがとう」が込められた葬儀のかたちの注目記事を受け取ろう

困る女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

《家族葬》みんなの「ありがとう」が込められた葬儀のかたちの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 徹底分析!葬儀社じゃないのに年間35,000件の葬儀をサポートしているベルコの実態に迫る!

  • えっ?!菊はNGでバラはOK?!家族葬が主流になりつつある現代の供花のマナーとは?

  • 故人の魂を鎮め遺族の悲しみを和らげる魔法のような供花のお話

  • その服で本当に大丈夫?お坊さんに怒られない家族葬の服装はブラックフォーマルが基本

関連記事

  • 家族葬で故人が最後に会いたい人は誰?親族の参列範囲とは?

  • 家族葬で「喪主の挨拶は必要ない!」と100%言い切れない理由

  • 誰にでも効く『故人の遺志』という魔法の一言で弔電を断ろう!

  • 今すぐ知りたい!家族葬の費用

  • 家族葬でいう挨拶状とは何についての『ごあいさつ』か

  • えっ?!菊はNGでバラはOK?!家族葬が主流になりつつある現代の供花のマナーとは?