1. TOP
  2. 家族葬
  3. 挨拶が苦手な人でも3分以内で感謝を伝えることができる!家族葬の挨拶例文

挨拶が苦手な人でも3分以内で感謝を伝えることができる!家族葬の挨拶例文

カンペ

通常の葬儀では、多くの会葬者に向けて、様々なシーンでの挨拶が必要になってきます。
通夜、通夜ぶるまい、告別式、出棺、精進落とし、、、人前での挨拶が苦手な方は、これを見ただけでプレッシャーになってしまいますね。

ですが、家族葬はこの通りではありませんのでご安心を

家族葬の場合、故人と参列者の関係、参列人数にもよりますが、葬儀途中の細々とした挨拶を省略し、
『精進落とし』いわゆる、葬儀がすべて無事にとりおこなえた時に、『ご挨拶』をする場合が多いようです。

 

文章はどんな内容でも間違いはありませんが、基本的には、
忌み言葉(不吉なことを連想させるような言葉→「死」や「苦」、重なる言葉→「たびたび」、「ますます」など)を避け、葬儀に参列してもらったことに対してのお礼と、「故人が生前大変お世話になりました」という感謝の気持ちを伝えます。

 

また、挨拶をする人は、遺族であれば喪主でなくても良く、うまく伝えられるか不安ならば、文章をまとめた紙を見ながらでも構いません。一番大切なのは気持ちです!

 

花葬儀・えらべるお葬式・ハートフル葬の挨拶例文

 

3社とも一般葬の挨拶の様な堅苦しさが無く、分かりやすくシンプルな例文です。

【花葬儀】
皆様、本日はご多用の中、父●●の葬儀・告別式にご参列をいただきまして誠にありがとうございます。
皆様にあたたかく見送られて旅立つことができ、故人も非常に喜んでいると思います。
また、生前の皆様のご厚誼につきましても、遺族を代表いたしまして厚く御礼申し上げます。
今後とも、亡き父同様のお付き合いとご指導のほどをよろしくお願い申し上げます。
本日は、誠にありがとうございました。

 

【えらべるお葬式】
本日はご多用のところ、夫の葬儀に足を運んでいただきありがとうございました。
夫は自身の葬儀についての希望を書き残しておりましたのでこのように内輪での葬儀とさせていただきました。皆様のおかげで、こんなにも心温まる雰囲気の中で見送ることができました。
夫もきっと安心して眠りについたことでしょう。
お世話になりました皆様に、故人に成り代わりましてお礼申し上げます。
今後とも、夫の生前同様におつきあいくださいますようお願い致します。
本日は最後までお見送りいただき、ありがとうござました。

 

【株式会社ハートフル葬】
本日はお忙しいところ、○○のためにご参列していただきまして、ありがとうございました。
親しい皆様にお見送りいただき○○もとても喜んでいること存じます。
お陰をもちまして、葬儀一切を滞りなく終了できることが出来ました。
又、皆様方には長時間にわたりましてお付き合いの程、深く感謝いたします。
心ばかりですか、お食事を用意いたしました。どうぞごゆっくり、おくつろぎの上お召し上がり下さい。
本日は有り難うございました。

 

何も言えなくても『涙』が挨拶がわり

涙する

 

挨拶は短くても、感謝の気持ちが伝わればいいので、ゆっくりと落ち着いておこないましょう。

最愛の家族の葬儀で、毅然としていられる人もいれば、人目を憚らずに涙する人もいます。

もしもその時、悲しみで言葉にならず、しっかり挨拶が出来なくても、参列者はその涙、深々と頭を下げる姿に、胸をうたれることでしょう。

自分もきっと、その時は『本当にありがとうございました』しか言えないと思います、、、。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

《家族葬》みんなの「ありがとう」が込められた葬儀のかたちの注目記事を受け取ろう

カンペ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

《家族葬》みんなの「ありがとう」が込められた葬儀のかたちの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 徹底分析!葬儀社じゃないのに年間35,000件の葬儀をサポートしているベルコの実態に迫る!

  • えっ?!菊はNGでバラはOK?!家族葬が主流になりつつある現代の供花のマナーとは?

  • 故人の魂を鎮め遺族の悲しみを和らげる魔法のような供花のお話

  • その服で本当に大丈夫?お坊さんに怒られない家族葬の服装はブラックフォーマルが基本

関連記事

  • 誰にでも効く『故人の遺志』という魔法の一言で弔電を断ろう!

  • 家族葬ならではのお悩み《THE 香典》

  • しっかりした葬儀でも気持ちはゆったり。家族葬の流れ5つのポイント!

  • 家族葬を難しく考えない。迷わず会社へ連絡しよう!

  • 今すぐ知りたい!家族葬の費用

  • 送るタイミングはそれぞれ。でも、家族葬の案内状は相手の気持ちも考えよう!